COMPANY会社情報

「新産業の創出」に貢献し、
心豊かで幸せな社会の実現に寄与したい

私どもは、多くの仲間と共に大学で進めてきた長年にわたる研究活動の中で、「溶融塩」のもつ興味深い物性や特性、およびその機能についての知見を蓄積し、様々な応用の可能性を見出してきました。特に、溶融塩電気化学プロセス(Molten Salt Electrochemical Process)、「MSEP(エムセップ)」の、環境・エネルギー・資源・ナノテクノロジー等の分野への応用に関する研究成果は、世界的にも高く評価されているところです。

それらの成果から生まれた技術シーズを実用化・事業化の段階にまで育て上げ、「新産業の創出」を実現して社会に貢献したいとの熱い思いから、2006年4月、大学発ベンチャー「アイ’エムセップ(I’MSEP) 株式会社」を創立した次第です。

社名の冒頭に付した「アイ(I)」には、「Innovation」の「I」と同時に、自分「I」こそが「MSEP(エムセップ)」の真の開拓者であるという、社員一人ひとりの自負と覚悟がこめられております。

創立から今日に至るまで、斯界をリードする多くの実績をあげ、当社に対する国内外での認知度や評価が一層高まって、期待が膨らんできていることを日々実感し、勇気づけられておりますが、これもひとえに産業界、国や地方自治体、各種公的機関を始めとする関係各位のご理解とご指導、ご支援の賜と存じ、深く感謝いたしております。

これからも、今までに培ってきた高度な技術力と蓄積してきた知見やノウハウを活かして、MSEP技術、さらには溶融塩技術全般に関わる事業を強力に推進・展開していく所存です。

大学で生まれ育った技術シーズが実用化・事業化によって花開き、結実して、「新産業の創出」に貢献し、心豊かで幸せな社会の実現に寄与することが、私ども社員一同の共通の願いであり、志であります。

なお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

創業者
取締役会長 伊藤 靖彦

【追記】
2023年10月17日、弊社の創業者であり取締役会長である 伊藤 靖彦 が逝去いたしました。

当社は、溶融塩電解技術をコア技術とし、伊藤 靖彦 博士が設立・創業したベンチャー企業として、多くの皆様に支えられてきました。我々は今後も、伊藤 靖彦 博士が築かれた学術研究の基盤に立ち、更なる成長と発展を遂げていく覚悟です。

伊藤 靖彦 博士の偉大な業績に感謝し、その冥福を心からお祈りいたします。

代表取締役社長 黒田 孝二

PHILOSOPHY経営理念

当社は、平成18年4月の創立以来、溶融塩電気化学プロセス(MSEP:Molten Salt Electrochemical Process、エムセップ)をコア技術とした研究開発に取り組み、環境・エネルギー・資源・ナノテクノロジー等の諸分野において世界をリードする多くの実績をあげてまいりました。
今後もさらに、学界・産業界・地域社会が一体となった、新材料・新素材の研究開発、装置・システムの研究開発、技術指導・技術アドバイザー業務の中核的な役割を担って事業を推進していく所存です。
大学発 MSEP技術シーズの実用化・事業化を通じて、心豊かで幸せな社会の実現に貢献することが、私ども社員一同の共通の願いであります。

COMPANY会社概要

会社名 アイ’エムセップ株式会社
所在地 <本社>
京都市下京区中堂寺南町134番地
<研究開発部>
京田辺市興戸地蔵谷1番地D-egg
設立 平成18年4月
資本金 3,500万円
役員 代表取締役社長  黒田 孝二
常務取締役    大津 寿一(管理部門担当)
常務取締役    国広 卓生(技術・研究部門担当)
取締役      天橋 弘明
監査役      奥田 偉史
学術顧問 京都大学名誉教授 萩原 理加
マップ

※郵便、宅配は研究開発部まで送付下さい

> >