アイ'エムセップは世界で唯一、溶融塩電気化学を専門とする研究開発型ベンチャーです

ご挨拶

ご挨拶

PrITO.jpg

「溶融塩」の示す興味深い物性や機能は、その特徴的な構造と密接に関係しています。一口に「溶融塩」と云っても多種多様のものがありますが、それぞれの構造や物性を解明・理解し、機能を追求することは、単に知的好奇心や学術的探究心を満足させるにとどまらず、様々な領域で科学技術の発展に貢献し、さらには環境・エネルギー・資源・ナノテクノロジー等の分野で新たな技術シーズを生み出し、新産業の創出への寄与に繋がっていきます。

このような産業界からの熱い期待に応えるべく、溶融塩電気化学プロセス(Molten Salt Electrochemical Process)、「MSEP(エムセップ)」を基盤とした新技術を提案・開発するとともに、その実用化を可能にする技術力の涵養を図るために、平成18年4月6日、同志が相集い、大学発ベンチャー企業「アイ’エムセップ(I’MSEP) 株式会社」を創立いたしました。

社名の冒頭に付した「アイ(I)」には、「Innovation」の「I」と同時に、自分「I」こそが「MSEP(エムセップ)」の真の開拓者であるという、社員一人ひとりの自負と覚悟がこめられております。
創立以来11年、斯界をリードする多くの実績をあげ、国内外での認知度や評価が一層高まってきていることを実感しておりますが、これもひとえに国や地方自治体、各種公的機関、クライアントの皆様を始めとする関係各位のご理解とご指導、ご支援の賜と存じ、深く感謝申し上げている次第です。

今までに頂いたご厚誼、ご高配に報いるためにも、学界、産業界、地域社会、公的機関が一体となった、新材料・新素材の研究開発、装置・システムの研究開発、技術指導・技術アドバイザー業務の中核的な役割を担っていく存在として、広く溶融塩技術に関わる事業を推進していく所存です。

大学で生まれ育った「MSEP技術シーズ」の実用化・事業化を通じて、心豊かで幸せな社会の実現に貢献することが、私ども社員一同の共通の願いであります。
なお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

ロゴ|アイ'エムセップ株式会社

平成29年7月吉日
アイ'エムセップ株式会社
代表取締役 伊藤靖彦

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional